でこまび。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

虚像。

ある朝目が覚めたら











私は、










海辺に立っていた。
背中で カタール星人








手には…何故かピコハンを持っていた…。真っ赤なピコハン。











寝る前の記憶を必死に辿るも、私に思い出せる事といえば











寝る前に、薄めすぎたカルピスを、









失敗した…と、すんごぃがっかりしながら










若干一気飲みしたことぐらい…











其の後の記憶と言えば… 快晴の日なので、干そうと思っていたのに









ウッカリ干し忘れた、いわゆる「残念布団」ってやつに横になり












マリアの如く腕を組みそして、目を閉じた…










ただそれだけ…。















やはり、何故海にいるのか…わからない。そして











何故ピコハンなのかも…。












私は、周りに何か手がかりはないかと、見渡してる内に











足元に、奇妙な物体が落ちている事に、気がついた。





お前の心を

これは… 採取的な何か…








ザルってやつ…?










何故ザルがこんなところに…









そう言えば、昔…近所の海に何となく出来心で、遊びに行った時に…







海の浅瀬で

膝に砂がつくのがまた…

マリオが、コインブロックをアッパーで殴る動作の、物まねを









一人延々と5時間以上やってた過去を、思い出した。 我ながら痛い。









むしろ、イタイ。










あ…もしや…このザルは…










そういうイタイ過去の私に対して、











「お前の人生はザル以下だ」 と










責めているっていう…暗示的な何か…?









だとすると、その責め方…テクニシャン。











そんなこんなで














悶々と、ザルとサルとの鬩ぎあいについて、思考を続行させている私の











右斜め背後あたりで











不審な気配がした。
















2秒ほど、背後をチラ見し、すぐ前方を見直した私は













自分の、右斜めぐらいの背後にいた人物をみて、目を疑った…












と同時に









その方向から、奇妙な奇声が聞こえ、そして更に
青い稲妻が僕を攻める

ロケット花火が、こちらにむかってズンドコしてくるのを、感じた









再度、









2秒ほど右斜め後ろを見た私の目に飛び込んできたのは







紫の髪をした、浴衣の正宗男と 










白く短い髪をした、紫のメイド服を着た長身の女性の、











アンニュイな雰囲気の二人組みが










「ヒャッホーイ./ ,' 3  `ヽーっ」っていいながら、












ロケット花火を、こっちにむかって発砲していた姿が、確認できた。












何だあの人達…?








そして








二度目の着弾

ゲッチュ


すると










そのロケット花火が着弾した場所に











ポツンと…、白い仮面の様なものが落ちていた










これは…?   すごく異様なオーラを放つその仮面を見つめた私は










何かに魅せられたかのように、そのマスクに引き寄せられ











その仮面を、手に取りおそるおそる顔に近づけてみた










すると











次の瞬間







何とか戦士 なんとかムーン 的なイメージで、










何かもうほら、アレだよ、ドーンとなって、衣装とかババーっと変身とかした私は












変身した勢いで、浴衣の男のアゴに、一発肘をゴシンと撃ちあて、
妖怪人間

いわゆる 格闘ゲーで言うところの「ピヨピヨ状態」にし












メイドを足払いで、ドシーンとしりもちつかせてみた。












そして、その二人に対して、









やりたい放題 何だか色々理不尽な事をし尽くした私は











最終的に









その二人とは














友情が芽生えて、ギルメンと言う名の、仲間になった。








そして











新たな仲間
アイラヴィ下

後ろ姿の鎧騎士をPTメンバーに加えた私達だったが













(略)











そんで何か巨大な悪の組織とか倒したら
OH!らヴぃしーた!

生き別れの母の形見 「赤クロスボウ」が







ミミックの胃袋からでてきましたとさ。















~続く~












~ 嘘。 続きません~
スポンサーサイト

テーマ:マビノギ - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2008/07/20(日) 00:52:10|
  2. ( ´_ゝ`)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

採取的な何か








そう…夏





それは…暑くて






暑くて…台所とか、机の上とか、









あまつさえ、安全と思われていた








冷蔵庫の中すら…色んな意味で、危険な季節とかで…








外に出れば、何かの虫とか、あと汗とか









チャリに乗れば、高速で顔面に突っ込んでくる…何かの虫とか










バスに乗れば、臭いとか匂いとか…熱気とか









思わず出してしまいそうな… 波動拳とか…








つまりまあ…









夏ガッデム( ´゜д゜)









だけどマビでは
背中で カター<br />ル星人

毎日が採取日和  だって夏だから(照









そんなわけで最近の私は

お前の心を

採取して









そして

膝に砂がつくのがまた…





採取とかも、しちゃったりしてさ








あんまり採取的なことで、私が調子にのるもんだから







すごい勢いで
青い稲妻が僕を攻める

上から波動拳、撃たれる様になってきた。 そんな圧力に、私は屈しませんよ。







うっわー
ゲッチュ


結構 ちっかー( Д) ゜゜  ちょっと意外と照準が定まってるっぽい。







まぁじゃあもう、死因が「貫通死」とかになりたくない私は







採取やめーの







腕の立ちそうな オ侍相手に、

妖怪人間


人質をとりーの








このメイドの命とか10Mが欲しければ、ウフフアハハ./ ,' 3  `ヽーっ← になれ!







と言いのー








でも実際言ってみるのは怖いから…心の中だけで…言いのー







だが

Σ

メイドの方に殺されーの









ナオ何か浮いてるーの










もう…人質の生業から足を洗いマスと 言いーの










実際洗いーの










その流れで、ギルメンと
アイラヴィ下



OH ラヴィ下! へ、いきーの









OH!らヴぃしーた!


おっかさーーーーーーん 的な事に なりーの












つまり、人質をとらなくなれば、人は



コの様に、イイコトが、待っているよっていう事です。








人質 ダメ ・ 絶対







(ι´Д`)ノ

テーマ:マビノギ - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2008/07/15(火) 08:31:54|
  2. ( `_ゝ´)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

でこ。

Author:でこ。
デコン星から来た

デコンVです。

シャイです。

あと、シャイです。

見かけたら、色々何かしてあげてください。

水やりとかね。


×さあばあ  ルエリ
×ねーも   DECoo
×せいべつ  おでこ
×めいんch  1・3
×りんく   ふりーだむ
×貼られたら 貼り返す
×拍手コメント 数日後返信するよ(´・ω・`)

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

でこまび。 

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。